自然のエネルギーを上手に活用した画期的な発電手法

電池も必要になる

複数の設備から成り立つ太陽光発電システムの構成に関する知識

外観としては大きな太陽電池モジュールあるいは、パネルがその最も特徴的なシンボルとなる太陽光発電ですが、もちろんこれだけで太陽光発電システムは成り立っておらず、他の複数の設備との連係によって発電から使用、売電までできます。 太陽光発電の構成は、前述の太陽電池モジュールがまず太陽光を浴びて発電を行います。発電された直流電流は、接続箱を通して集約され、パワーコンディショナーに送られます。 パワーコンディショナーは直流電流を、交流電流に変換することで、電化製費などが使用できる電流となります。このパワーコンディショナーの状況は、モニター計で常にチェックが可能ですl 交流電流に変換された電流は、屋内分電盤を通って必要分は使用され、余った分や電力会社に売電できます。

こだわりを持って製品や業者を選ぶ工夫で様々な恩恵が得られる

人それぞれ太陽光発電に求めるものは違って来ます。売電による収益を目標にしている人もいれば、電気台を節約して長期間安定運用をしたいと考える人もいます。また安く設置したい考える人も当然おり、太陽光発電に求めるものは各自違いますが、大事なことは何かこだわりを持って選ぶ工夫です。 そうする事で自分の必要とするメーカー、性能を持つ太陽光発電システムを適正な価格で導入しやすくなるためです。例えば信頼性にこだわる場合は、国内の大手メーカーの製品は価格面ではやや値が張りますが、太陽電池モジュールの保証年数の長さも含めて、満足いく品質の製品が多くなります。安さにこだわる場合は、海外製を選ぶといった具合です。 太陽光発電は導入にあたって、このようにこだわりを持って工夫して臨むことで、製品や業者選びの指針となります。

↑ PAGE TOP