違いを把握する | 自然のエネルギーを上手に活用した画期的な発電手法

自然のエネルギーを上手に活用した画期的な発電手法

違いを把握する

産業用太陽光発電の導入にあたって家庭用との違いに注意をする

事業者が設置することが多い、大出力の産業用の太陽光発電は、家庭用の太陽光発電とは違いが複数あります。それは補助金や売電、架台などがそれぞれ異なっており、家庭用の太陽光発電と同じように考えていると、後からトラブルの元となることもあるので、注意が必要です。 家庭用と違う点であり、まず気をつけたいのが、補助金の有無です。10kW未満の住宅用の太陽光発電システムでは、国や地方自治体の補助金交付の対象となります。しかし産業用の10kW以上の出力の太陽光発電はその対象外のため、注意が必要です。 またモジュール電池を設置する架台についても、注意が必要です。架台は家庭用のシステムの場合は既成品が用意されていますが、産業用太陽光発電システムは特注の架台となることが多いので、割高な架台となる点を知っておく必要があります。

モジュールの自然災害への耐久性についても調べておく

屋外に10年、20年と産業用太陽光発電の電池モジュールは置かれることになります。それだけに自然災害への耐性はとても重要となります。導入前には様々な自然災害に対してどれくらい耐えうるかの確認が必要です。 太陽光発電が自然災害で壊れるケースとして、強風があります。台風のような強い風邪に対しても、産業用太陽光発電の電池モジュールは耐えうるようになっており、建築基準法では風速60km以上の風に耐えるように設計されています。しかし念のため、どの程度の風速に耐えうるか調べておいた方が無難です。 また沿岸地域は塩害についても、気をつける必要があります。太陽電池モジュールは塩害には弱いので、塩害対策仕様の架台やモジュールを用います。

↑ PAGE TOP